<< かりゆし | main | 《竜宮城からの使者》 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


返還されぬ空

090823_1754~010001.JPG
1月19日に石川県加賀市内の田んぼに18年振りに《ナベツル》が飛来したと寺谷氏から連絡が来た。これも加賀地方の農家の方々や民が意識改革した成果ですかね先生?「田んぼは野鳥にとって格好の餌場で、多様な生き物が集まるオアシスになっている」と新聞社の取材に話してる。確実に北陸の空は、鳥達への返還の道を歩んでいる。1月24日に普天間基地問題でモメテル名護市長選挙がありました。当選したのは反対派の稲嶺氏。世の流れからしたら当然なのか?これで普天間の空の返還は・・・???パイロットの顔がハッキリと判るくらい、爆音を響かせ低空飛行する鉄の鳥に、手を振りはしゃいで居たガキの頃・・・《コハクチョウ》や《ナベツル》が優雅に飛び舞う北陸の空を眺めながら・・・遠い普天間の空を想うジョージでした・・・!

スポンサーサイト

  • 2013.10.28 Monday
  • -
  • 09:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
先日もありがとうございました。
山間部暮らしせいか、
つい山ネタで盛上がり、ごめんです。
そうだ、名護市はすぐご近所ですか。
「鉄の鳥」には考えさせられますね。
  • 左らくのますた〜
  • 2010/02/01 10:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM